セクハラ自動車学校

セクハラ自動車学校

セクハラ自動車学校は、女性専用なのに教官が生徒の女の子に無茶するキモオヤジばかりという、とんでもない教習所を舞台にした漫画です。

セクハラ自動車学校を読んでみた感想

セクハラ自動車学校を読んでみましたが感想としては、とりあえず、教習所で教官になりたくなりました。

美女ばかりが群がってくる自動車学校とか、世の中に存在するのかどうかはわかりませんが、この漫画、夢はいっぱいでしたよ。

物語の舞台は、完全合宿制の女性専用自動車教習所です。

もはや、この時点で、外への脱出は不可能で、キモオヤジな教官がセクハラし放題だと想像出来ますよね。

こんなセクハラ自動車学校と銘打っているくらいだから、いきなりスゴイ授業が行われているのでは?と予想していました。

シートベルトは教官の両手

合法的?に女の子に抱きつくおっさんw

でも、最初は真面目に新入生達への説明会が描かれていて、ちょっと拍子抜けでした。

生徒は若い女の子が沢山いるという、教官達にとってはハーレムみたいな場所である事は確かです。

そんな所で、まともそうな男が、普通の口調で学校の説明をしているのだから、生徒達は、すっかり騙されていました。

とは言え、さりげな~く、このおじさん、運転技能以外の女性ならではの技術や知識も身につきますと言ってますね。

よく見ると、ここはセクハラ自動車学校だよ~と言ってるようなものです。

運転中の若い娘は弄り放題♪

脳みそがお花畑な娘達は、勝手にマナーみたいな事も教えてくれるのかな?と勘違いしちゃってますから笑えます。

そして、学校内での路上教習ですが、早速、教官が怪しげな行動に出ました。

運転席に女の子が座り、その真後ろに男は陣取ったわけです。

キモいオヤジに背後を取られる恐怖と共に始まった、初めての路上教習。

どこから見ても、嫌な予感しかしませんよね。

肉棒判子で教習終了w

初っ端からシートベルトが見当たらず焦る生徒の後方から、教官は両手で目一杯に抱きつきました。

はい、セクハラ全開の行動ですが、どうやらこれがシートベルトの代わりらしいです。

このポニーテールが似合う女の子は、嫌がっている割には相当免許が欲しいらしく、あまり抵抗しませんね。

散々セクハラしながらも、しっかりと運転方法を解説している教官は、何気にプロだと思いました。

教官のダブルハンドベルトを装着したまま、身体を弄られつつ運転する女の子・・・。

その様子は、正直、思っていた以上にエロくて萌えてしまいました。

好きでもないおっさんの手で、どんどん気持ち良くなっちゃう姿は、ある意味破壊力抜群ですね。

さらに熱くて滾る自称サイドブレーキを握らされた挙げ句、1回目の教習のラストを飾る特大のセクハラが待っていました。

教習終了の証明として、彼女の身体に判子が押されるのです。

勿論、それは、さっきサイドブレーキになっていたナニにより何度も何度も突かれるわけですね。

最初の授業で、このぶっ飛ばし方とは、セクハラ自動車学校、次の教習も超期待出来そうです。

あれ、でもこの女の子、名前なんて言うんでしょうね。

なんて事が気にならないほど、教官による圧倒的なセクハラ感でした。

本編はこちらです
セクハラ☆自動車学校を読んでみる

セクハラ自動車学校の教習内容で熱くなった

セクハラ自動車学校の危険な方向に個性がありすぎる教習内容が衝撃的で思わず熱くなってしまいました。

どの教習もヒロインが、とんでもない事になっていて、それでいて笑いの要素も入っているという絶妙なバランスです。

そこで、セクハラ自動車学校の教習内容に注目しつつ、意外性のあるストーリーを振り返ります。

若い女の子ばかりが入学してくる教習所では、運転者の心得という教習が最初に行われます。

まあ、簡単に言えば、入学説明会みたいなものですね。

さすがにここでは、いきなりセクハラ行為は行われません。

ただし、予告と取れる言葉を自動車学校のエライ人が軽く流している所に注目ですね。

教官達は、若い娘しか入ってこない教習所が職場なので、毎日股間を熱くしていそうです。

セクハラ自動車学校における次の教習は、いきなり車に乗り込んで運転します。

とは言っても、学校の敷地内を教官と一緒に回るだけですが、当たり前のようにセクハラ教習が行われました。

推定18歳と思われる可愛い娘は、気持ち悪いおっさんに抱きつかれたまま、運転の基本技術を教わります。

胸とおまたを中年男にいじられながら運転するというだけでも、はっきり言って凄いテクニックだと思います。

セクハラ自動車学校での車庫入れ教習

でも、この女の子はS字とか大したミスもなく、ハァハァ言いながらも走りきるからびっくりですね。

超嫌すぎるセクハラをされているのに、結局、ヌルヌルのヌレまくりになってしまうヒロインが敏感ボディ過ぎて素晴らしかったです。

何だかんだで、最初の教習からハメられ、中に生撃ち食らってますからね。

次の教習内容は、点検の方法でした。

前日に凄まじくヤラれてしまった娘は、普通に朝から教習にやってきます。

あんなセクハラを超えた行為をされたら、次の日は逃げ出すか通報しちゃいますよね。

平然と教習に現れるとか、この女の子、なかなか根性があると思いました。

そんな感じで点検に入りますが、やはりここはセクハラ自動車学校です。

最初は、真面目にタイヤの見方から入りますが、あっさりと教官は彼女のお尻を点検し始めました。

さらにエンジンルームですが、何気にまともな事も教えてくるから、この学校良いのか悪いのかわかりませんね。

一生懸命にオイルの点検をしている娘は、思いっきりミニスカを穿いています。

これでは教官にセクハラしてくれとアピールしているようなもの。

複数の教官と縦列駐車教習

ましてや、そこはセクハラ自動車学校という場所なので、犯してくれと言っているのと同じでしょう。

エロい方向にスイッチが入った教官は、堂々と彼女のちょうど良いサイズの胸を背後から掴みます。

そして、和やかにこれも点検です・・・と言い切ってしまうから、ある意味男らしいですね。

さらに、目の前のポニテ娘の股間に手を伸ばし、別のオイル漏れを確認開始です。

そして、色んなボタン的なものをチェックされて、イカされまくった女の子は、ようやく路上教習に入ります。

この日はクランクを練習する事となりましたが、これは運転初心者の難関だけに、普通に走らせて貰ってもミスりまくります。

それを見た教官は、電流ムラムラ棒を発動させて、既に半分熱くなっている彼女のアソコへ装着。

次にミスをしたら、即座にスイッチが入るというルールになりました。

当然、身体中をビクンビクンさせながら何度も色んなものに接触した娘も、だんだん刺激に慣れてきます。

でも、こうなると面白くない教官は、もっと性的な意味で危ない教習を行う訳ですね。

新たなコースへ誘導された若葉マーク予備軍の娘には、もっとメチャクチャなセクハラが待っていました。

セクハラ教習を漫画で体験してみる

セクハラ自動車学校でオヤジ教官×生徒の女の子という状況を楽しもう